ぷぃぷぃはっぴぃ~☆
SQUARE ENIX【Final FantasyXI】Cerberusサーバーで活動中のAkalinのプレイ日記☆
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
ドッキドキ?赤魔だらけの闇王討伐大作戦!
昨日はメンテ&白も殴るらじおの日でした

残念ながら、うちはMacのみでして聞けなかったです(ノД`)

私、PC疎いのでいまいちわかってないんでs(妹まかせ)

Macでも聞けるよー(´∀`)って教えてくれる人大募集です!

2回目のねとらじは是非とも聞きたいのですよぉ;;;;;;

大盛況だったようで・・・やはり人気者は違うなぁーっと感動しました

これからいろんな所でねとらじ流行るのかしら?

ちょっと期待しちゃいます☆



この後M5-2闇の王を討て!のネタバレがあります

ご注意ください





本来ならば、金曜日に記事にあげようかなぁっと思ってたんですが

S.O.W、アジマサークル、獣団etc・・・があって遅れてしまいました


以前に「赤魔道士60になったらの夢」で赤魔道士だけでPTをしたい!

しかもサポはバラエティーに富んだものがイイ!って話をしてたんですね

(もう大分前のお話だなぁー、ちと懐かしい)

今回はその夢に1歩近づけたかな?って感じになっております


そうです!

全員赤魔道士!しかもなんと闇王へ挑戦ですヽ(`Д´)ノ


20050802145250.jpg


その名もUchinoLS軍極東方面第4指令部赤魔道士遊撃隊です

発案・企画・命名・進行はレイストさんです(*'-')b

第4と言うことは、第1、2、3とあるのか?っと聞かれそうですが

そこはLSの神秘という事でスルーしてください(´_ゝ`)

レイストさんのみが知ってるかもしれないwwww


要するに赤魔道士だけで闇王討伐大作戦なんです(タイトルに採用しちゃったしw)

ちょうど私とNさんがお年頃ということもあって計画してくれていました

当日は21:00にジュノ上層の教会に集合だったんですが

私すっかり22:00だとばかり勘違いしてました

ほらあのその・・・UchinoLSのEMNっていつも22:00からだったからさ

一緒になってしまったんですよだからその・・・その・・・



見苦しい言い訳ですね(゜д゜)

気付いた時はもう既に22:00を回っていて急いでモグから飛び出して

みんなの待つズヴァール城へ向かいます

途中、レイストさんにお迎えまでしてもらいました(-人-;)

当事者ながら大遅刻というダメっぷり・・・サイアクだわぁ orz

他のメンバーは目玉を狩ったりして遊んでてくれたようです(感謝多謝)


内郭に入ってからは絡まれたら全滅を合言葉に進軍

そんな中、初めてご対面のNMさん

20050802151204.jpg


ステキな魔人の角と闇クリだけ落としていきました

落としてもエアロガⅢくらいなようです

見た目は強そうなのに、ドロップはいたって並以下なのですw


あっという間に闇王の間前です

そうえいば、ここは「俺の屍を超えて行け」以来だなぁーなんて懐かしんでみたり

ついこないだの様に思えて、もう2ヶ月以上たってるんだなぁと時の速さを感じます


20050802151610.jpg


一人能天気に気合をいれてみました(´・ω・`)

突撃前に軽く休憩+作戦会議

ここで私もWCへ行って万全を期そうと思って部屋を出る・・・




うっぎゃぁーーーーーーー!!!1!1!!くぁwせdrftgyふじこpl@


廊下に体長5cmはあろうかと思われるゴキブrリアル闇王がっ!!

よりによってなんでこんな時なんだよぉ;;;;;

しかも起きてるの家族で私一人だし、ここで殺らなければ、私が殺られる!!1!!

半泣きになりながら、運良く一撃で石化させて異界送りにしました


【やったー】【闇王】やっつけたぞー!(え?

そんなこんなで本番の闇王戦より神経を使いました(´Д`;)

話は戻しますね・・・(アレが苦手な人、食事中の人ごめんなさいでした)


闇の王は以前キャップ60(65?)時代では最後のミッションだっただけに

ストーリーは奥が深いです

(すいません;;キャップ間違ってたらごめんなさい後発組みで知らないけど記事に使いました)


モグから飛び出たんで食事を一切忘れて、S大尉に分けて貰いました

だからS大尉はバザーしてくれてます、ありがとう!大尉



20050802153223.jpg



戦闘に関しては構成が、赤/戦3人(75)赤/白2人(75と67)垢/墨1人(60)だったので

ほぼ危ないところはなかったです

最後S大尉がコンバートしてHP4になってたのはびっくりしたけど(@д@)


無事にサンドリアへ凱旋帰国して、晴れてRANK6になりました

しかし、報告した時のイベントのトリオンの発言が面白かった

これで素晴らしい剣術を持つ第一王子にはちっとも見れませんでした(^u^)


極東方面第4指令部赤魔道士遊撃隊のみなさん、ありがとうございました

60になっても、RANK6になっても未熟者です

これからもご指導頂き立派に隊で活躍できるように精進したいと思います


また赤魔道士だらけで遊べる日が来るといいなヽ(´―`)ノ

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
私が一番というのもなんですが…
闇王討伐&ランク6昇格おめでとうございます
獣団は少しの時間しかいられませんでしたが楽しかったです

ラジヲ…MacだとiTunesが勝手に立ち上がって聞けるはずなのですが。
Verはいくつでしょうか?
2005/08/02(火) 21:47:51 | URL | Daba #KQN9eue2[ 編集]
リアル【闇】【王】!

ここで怖い話を・・・

10年ぐらい前の話。

会社から帰ってきてお着替えをしてました。
白いシャツの上にデニムのシャツを羽織ります。
ボーっとテレビを見ていると・・・

なにやら背中がむずむずします・・・。
むずむずする・・・というか動いてます。
この動き方・・・・まさか・・・と思っていたら、

そのまさかでした(大汗

羽織っていたデニムのシャツをぎゅっと絞り、
動く物体の動きを止めてから、外へ。
首から出ないようにシャツの下を思いっきり解放!

闇王は闇へ帰っていきましたとさ・・・(;´∀`)


2005/08/03(水) 10:52:19 | URL | よーたろー #YBptwbDc[ 編集]
★Dabaさん
ありがとうございますヽ(´―`)ノ
先日はどうもお疲れ様でした

ふむふむなるほど!
i-Tunesかぁ
確かに入っております、ただVer.までは覚えてないです
何回かアップデートしたのは覚えてるんですが
ちょっとその辺り調べてみます
Dabaさんありがとー☆


★よーたろーさん
((((;゜Д゜)))そ・・・・それは・・・・
あまりにも唐突すぎるリアル【闇王】との出会いですね
そのむずむずした感触は、服の上?それとも服の下?
もういまも背中が不快な感じでゾワーっとしちゃいます(>_<)
さずかそ、おぞましい現場だったんですね
私ならきっと失神してしまうかも知れませんΣ(゜д゜|||)



2005/08/03(水) 13:14:26 | URL | あかりん #H6RSI4P.[ 編集]
ランク6おめでとうございます~(´∀`)

まぁ、第4司令部のうち、第1~3はどうなっているかといわれてますが・・・

第1は対豚、第2は対鳥、第3は対亀の専門部隊なのでつ♪

んで、第4はすべての垣根を越えて行動できる唯一無二の部隊なのでつ♪






(ごめんなさい。思いつきで喋ってます

2005/08/03(水) 23:56:16 | URL | 極東方面第4指令部赤魔道士遊撃隊部隊長レイストリン #gBiuX0yY[ 編集]
ドッキドキって何のことかと思えば・・・
真の闇王様でしたか(爆)
でも、嫌なことを言うようですが、1匹見つかると他に数匹いるとかいないとか・・・
昔、実家に住んでいたころ妹を襲った悲劇を思い出しました。
何でもベッドで寝ていたら顔の上にポトッと何かが落ちてきて、次の瞬間カサカサと行動を開始・・・
阿鼻叫喚が家中にこだましました(爆)
2005/08/04(木) 10:44:01 | URL | Galf #G2f.Jh/s[ 編集]
★極東方面第4指令部赤魔道士遊撃隊部隊長レイストリン
('◇')ゞ隊長!敬礼でありますっ!
神秘のベールに隠された第1、2、3は・・・
そういうコトになってたんですね( ̄ー ̄)
第4に属せるなんてエリートだったんですね!

★Galfさん
うふふ(*'-')
そう・・ドキドキを越えてバクバクって感じでしたよ
寝てる時は、絶対ヤダーヽ(;´д`)ノ
まさに不意打ちですねw
それにしても奴って人間に向かってきたりとか
ホント人間に挑んでますよね(´Д`;)
ヤツだけは許せない!のでもう現れないで!!





2005/08/04(木) 15:46:37 | URL | あかりん #H6RSI4P.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。